2016
14
Jan

Blog

眠気を誘う「なかなか寝れない時の原因と対策」

a8f5dde5ab70917635a8316360293c1c_m-1024x683

なかなか眠れない時ってどんなときですか?

学校、仕事、人間関係、恋愛、結婚、離婚、借金問題、将来に対する不安などなど

おそらく一番多い原因が考え事をしているときではないでしょうか。

個人的にはテーマパークなどへお出かけする前日は、ワクワクしてなかなか寝付けなかったりしますがw

とりわけ悩み事を抱えていると、なかなか寝付けないのではないかと思います。
朝までグッスリ【深眠源/シンミンゲン】

人間の3大欲求

一般的に人間の3大欲求は、「睡眠欲」・「食欲」・「性欲」だと言われていますが、
この3つの欲に順位を付けるとしたらどうなるでしょうか?

平常時であれば、1「性欲」 2「食欲」 3「睡眠欲」になっちゃう?(個人的に・・・)

これが極限まで追い込まれた非常時であれば、
大抵の人は、1「睡眠欲」 2「食欲」 3「性欲」になると思います。

なぜなら、性欲以外は限度があり、その限度を超えると死に至るからです。

  • 性欲 → 我慢できる
  • 食欲 → 数日程度なら我慢できる
  • 睡眠欲 → 数日程度なら我慢できる

このことからも、睡眠が人間(動物)にとっていかに重要かがわかると思います。
眠りが浅いあなたに・・・

人生の3分の1は睡眠時間

個人差はありますが、人生の3分の1は睡眠時間です。
その3分の1を占める睡眠時間を快適に過ごせなかったらそれはそれは大変なことです。

睡眠時間には個人差があり、短くてもスッキリ目覚めることができる人、
反対に何時間寝てもスッキリしない人がいます。

そもそも寝付きが悪ければ睡眠時間が削られて疲れが取れにくいです。

寝具によって寝付きは変わる?

個人的には、値段が高いふとんやまくらで寝ても、値段の安いふとんやまくらで寝ても
寝付きが変わることはほぼありません。

ただ、姿勢が横にならないと寝ることができません。座ったまま寝れる人がいますが、羨ましい限りです。

寝具については個人差があるので、寝具が変われば、ぐっすり眠れるというひとがいるかもしれませんね。
ネムリス-nemlis

どうすれば安眠に結びつくか

冒頭でも書きましたが、寝付けない時は考え事をしている時が多いです。

肉体的疲労であれば死んだように眠ることができるかもしれませんが、
精神的疲労はそうはいきません。

となれば、気持ちを落ち着かせてやることが安眠への近道ではないかと考えます。

例えば、間接照明やアロマをたいて気持ちをリラックスさせたりすることも
方法の一つです。

もっと直接的なのが気持ちをリラックスさせるサプリを飲むことです。

短期的な効果は望めないかもしれませんが、長い目で見て継続すれば
きっと効果が期待できるのではないでしょうか。

寝たいけど眠れない。それなら眠気を誘う行動を取ろう!